結婚も離婚も紙きれ一枚の問題?

  • RSS

実際に経験したことはないし見たこともない離婚、そして離婚届け。
と言うか、婚姻届も未だ見たことありませんが。
よく、ドラマとかで「あとは、あなたがハンコを押してくれればそれで離婚成立ですから」みたいなセリフってありませんか。
名前や住、全てを記入して、あとはお互いハンコを押して役所に提出して離婚成立、みたいな。
よく聞きますが、結婚も離婚も結局は紙きれ一枚の問題、な~んてね。
確かに手続きとしては拍子抜けしちゃうくらい簡単そうですよね。
一生使うことはないといいのですが、離婚届けについてちょっと調べてみました。

なななんと、婚姻届けでは証人のサインが必要って聞いてはいましたけど、離婚届でも必要なんですね。
それってなんか切ないですね。
でもまあ、友人として離婚をオススメしている場合などは逆に証人としてがっつりサインしたいところですかね。
夫(妻)の度重なる浮気とかね。
しかも甲斐性なし男な上にとかね。妻なら、家事育児放棄とかね。
だったら「離婚しなさい!わたしが証人になるから!!」てな勢いかもしれません。

で、例のハンコ。
どうやらハンコは認印でも良いそうです。
てっきり、実印とかの公的なハンコが必要だと思っていたので意外でした。
ただし、ゴム印は不可とのことです。
まあシャチハタはそりゃ駄目ですよね。
と言うか、離婚なんていう人生の要らぬビッグイベントの大事なハンコが、シャチハタで済むってのもなんだかむなしいですもんね。
ただ、なんとなくですが、離婚届に押したハンコって、その先何だか使いたくないですよね。
わたしだったら全てをリセットするためにも、押印したあと速攻捨てちゃいますね。



~ 厳選おすすめサイト ~

<驚きのスピード出荷に対応>シンプル表札

さびにくくお手入れが簡単なチタンプレートや
耐久性に優れたクールなステンレスプレートをお求めやすいお値段でご提供!
お住まいに個性を出したい方には、人気のデザイン表札を豊富な種類からお選び頂けます。
表札をお探しならハンコヤドットコム表札館をご覧下さい!

このページの先頭へ